Packaging and visual identity development for the Japanese confectionery "Suetomi".

京菓子司「末富」パッケージ・VI開発

1893年創業の京都菓子司「末富」のパッケージとVIデザイン。戦後まもなくに作られた包装紙意匠を継承するように抽出しVIとしました。 また、広く親しまれているどらやきの「おもたせ」用に手提げパッケージを考案・開発しました。

2020/3
client:SUETOMI
CD/AD/D:YutaOda
D:ShocoKaido
Paper craft development:MARUSHIGE

 

「COMPOUND」とは立体を磨き上げる為の「研磨剤」です。
また「混合物」という意味も含まれていて、そのもの自体が混ざり、
交わっている状態を意味しています。

私たちはグラフィックデザインを軸足としていますが、
しかしそれが影響する範囲は決して、縦×横の平面にとどまるものではありません。
デザインとは「設計」であり、たとえ一枚のポスターであっても、
コミュニケーションの衝突を解決するためのものであるはずだからです。

私たちはコミュニケーションにおける課題の発見からスタートし、
その解決のために常に立体的に「設計」することをもって、
最終的な成果物とすることを得意としています。
そのため、ディレクションの領域はときにグラフィックデザインを飛び越え、
商品開発からブランド戦略まで、多岐にわたります。

そこにある課題を立体的に捉え、自身もそこに混ざり交わっていくことで、
この世界を価値ある、磨きのかかったものに仕上げていくこと。
それが「COMPOUND」の使命です。

Fill out my online form.